メキシコ雑貨や中級ホテルならこちら|カンクン

スーパーマーケット地元の人も生活するカンクンのセントロ(ダウンタウン)は、これといった見どころはありませんが、ホテルゾーンより物価が安く、ショッピングや屋台のメキシコ料理を楽しめるおすすめのエリアです。街歩きを楽しむならパラパス公園(Parque de Las Palapas)の周辺やトゥルム通り(Av.Tulum)沿いを目指しましょう。ここは、ローカルなタコス屋や小さなおみやげ屋、銀行や両替所、オプショナルツアーを申込める旅行代理店(スペイン語or英語)などが密集しています。スーパーマーケットもあるので、お酒やおつまみを安く仕入れることも可能です。


メキシコ雑貨や民芸品が目的なら、トルゥム通りとコバ通り(Av.Coba)のぶつかる交差点の近くにあるMercado Artesaniasか、セントロの西500mのあたりにあるMercado 28(ベインテオーチョ)へ。ホテルゾーンのショッピングセンターよりかなり安い値段で買うこともできますが、それには値切り交渉が必要な場合も。。。まずは、何軒か回ってみて相場を掴んでください。そして、欲しいものがあっても言い値で買うのでなく少し会話を楽しんでみたり、時には買わないそぶりを見せたりすると、交渉がうまく運ぶこともあります。メキシコのおみやげに関してはこちらの記事も参考にしてください。


セントロの街並みセントロ(ダウンタウン)は、中級ホテルや安宿もあります。バカンスが目的の場合、ビーチから離れているためおすすめできませんが、とにかく安く旅行したいならこちらへ。人気のホテル、安宿はシーズンオフでもいっぱいになることがあるので、事前に予約していくと安心です。エクスペディアという旅行サイトなら、このエリアの宿泊予約もネットで簡単にできます。エクスペディア(ホテル予約ページ)の検索欄に「カンクン ダウンタウン」と入力してください。予約状況にもよりますが30軒以上のホテルがヒットし、料金は個室で2,000円台~5,000円台を中心に見つかるはずです。


ホテルゾーンの中心カンクン岬からセントロ(ダウンタウン)までは10km程度。タクシーを使えば、それほど時間もかからない距離です。市内バスで移動する場合は、行先を運転手やまわりの乗客に伝えれば、それほど難しくなく乗れます。ホテルゾーンとは違う雰囲気を満喫できますので、時間に余裕があればぜひ、訪れてみてください。