チチェン・イツァー|マヤ遺跡

エルカスティージョ
ピラミッド型の神殿エルカスティージョ

ククルカン
トルテカの象徴でもあったククルカン(羽毛の蛇)

エルカスティージョ

マヤ文明の代表的な遺跡チチェン・イツァー(Chichn Itza)は、世界各国から旅行者が訪れる観光地。カンクンから日帰り観光も可能ということで、特に人気の遺跡です。世界遺産にも登録されています。チチェン・イツァーの最大の見どころは、ピラミッド型の神殿エルカスティージョ。この神殿は年に2回、春分と秋分の日になると、階段下部の蛇頭から神殿の頂点までギザギザの影が伸び、羽が生えるという壮大な天文学の仕掛けがしてあります。また、エルカスティージョの四方の階段は91段ずつ(91×4=364)。これに頂上の1段を足すと365日になり、マヤの暦の役目も果たしていました。ただ、非常に残念なことに、数年前までは頂上までのぼることができたこの神殿。現在は、階段を上ることはできません。


聖なる泉セノテ
密林の中にある聖域のセノテ

聖なる泉セノテ

ユカタン半島の石灰岩の大地の地下空洞に水がたまり、それが泉となって現れたものがセノテと呼ばれます。チチェン・イツァーにあるセノテはユカタン半島最大規模。マヤの時代には処女が生け贄として捧げられていました。ちなみに、チチェン・イツァーから3km離れた場所には、泳げるセノテ、イキルがあります。こちらはキレイな青色をしています。時間があればぜひ。


戦士の神殿
石柱が林立する戦士の神殿

ツォンパントリ
生け贄の骸骨を大衆にさらすためのツォンパントリ

チチェン・イツァーの見どころ

チチェン・イツァーのその他の見どころには、チャックモール像が飾られていた戦士の神殿、生け贄を決めるためのゲームが行われた球戯場、頭蓋骨の城と訳されるツォンパントリ、マヤの天文台があるカラコルなどが挙げられます。こうした建造物と建造物は数百メートル離れているところもあり、ゆっくり観光すれば、チチェン・イツァー巡りは軽く半日はかかります。地面は平たんですが、ある程度歩くことになるので、履きなれた運動靴がおすすめです。また雨季はスコールがあるため、折り畳み傘などは必須。


チチェンイツァー内の売り子
遺跡内の売り子たち

遺跡内のお土産

チチェン・イツァーの遺跡内には、露店がたくさん並び、売り子も歩いています。中にはかわいい子供の売り子も。主なおみやげは伝統的な刺繍のはいった布製品、ジャガーの鳴き声のでる笛、エルカスティージョをモチーフにした置物など。遺跡見物の合間に見るのも楽しいです。値段は交渉制。言い値では買わず、値下げをお願いしてみましょう。コツとしては何人かから値段を聞いてみて相場を知ること。


チチェン・イツァーへの行き方

    
    

チチェン・イツァーへの日帰り観光は、現地オプショナルツアーを利用するのが便利。現地オプショナルツアーは、日本語ガイドがつき、昼食、遺跡内でのミネラルウォーターも含まれます。プランによっては、コロニアルな町並のバジャドリを通過したり、泳げるセノテのイキルに立ち寄るものも。帰りのバスの心配もいりません。
JTBの現地オプショナルツアー
メキシコのオプショナルツアーはこちらから


自力で行く場合は、カンクンのセントロにあるバスターミナルから1等バス(ADO社)が午前に1本。帰りは遺跡メインゲートからカンクン行きが夕方に1本あります。所要はおよそ3時間。2等バスなら他にも便はありますが、4時間半かかるため、日帰りには不向き。メリダからは2,3本のバスが往復しています。遺跡のゲートには荷物預り所もありますのでスーツケースやバックパックを持っていても大丈夫。カンクンからチチェン・イツァーに行き、遺跡を見物して、当日のうちにメリダへ移動することも可能です。